キッズシューズは機能性を考慮して選ぶ!足を守るグッズ

子供の足にピッタリなキッズシューズを探そう

シューズ

ベビーグッズといえばキッズシューズ!その魅力について

ベビーグッズの中でもキッズシューズは種類も豊富でベビーの可愛さを引き立てる逸品です。出産のお祝いやお子様の成長に合わせてプレゼントとしても喜ばれます。またベビーや成長の早いお子さんにはサイズだけでなく足に合ったものを選びましょう。実はベビーシューズを選ぶ場合は足の長さにプラス5㎜程度が目安と言われています。これは靴下を履いて靴を履いた時のゆとりです。また子どもの成長が早いので3歳までの子どもなら半年で1㎝、3歳から5歳までなら1年間で1㎝伸びると言われています。ここではそんなキッズシューズの魅力をご紹介します。

充実のデザインやサイズをチェック

ベビーグッズの中でもキッズシューズを贈るなら、デザインやサイズをチェックしておきましょう。キッズシューズはデザインが非常に豊富です。面テープになっているもの、靴紐で調整できるもののほうが便利です。そのようなデザインなら多少大き目のベビーシューズやキッズシューズでも、面テープのベルトや靴紐で調節することが可能です。足にしっかり固定して履き口が大き目のものも良いでしょう。靴紐タイプの靴ならファスナーが付いているタイプも便利です。

材質に注目!可愛い我が子に最適な靴選びのポイント

材質に注目するなら、靴下とラバーソール部分が一体化したトレーニング用のベビーシューズがおすすめです。ラバー素材なら部屋でのつかまり立ちでもすべりません。ベビーカーで出かけた時も少しだけ立って欲しい時に非常に重宝します。1歳までなら靴底が固くないもの、1歳から2歳なら歩く距離が増えるのでクッション性のある靴底を選ぶようにしましょう。

成長の早い子供達に合わせて靴を選ぼう

子どもの成長は早いので足もどんどん大きくなります。ベビーシューズを選ぶなら冒頭でもお伝えしたようにプラス5㎜程度の余裕が必要ですが、3歳くらいまでは半年に1㎝、3歳から5歳までなら1年に1㎝なので、つま先の余裕が10mm程度の靴を買うと3歳までなら3カ月に1度、3歳以降は半年に1度が買い替えのタイミングです。ベビーシューズで大き目の靴を選ぶなら、かかとにしっかり合ったもので靴の中で足が動かないようなテープ・靴紐がついたものを選びましょう

見た目だけでなく履き心地も考慮しよう

ベビーシューズなら靴下とラバーソール一体型が履き心地も良いでしょう。また1歳までは骨の成長も考えて、靴底が固くなくて指が少し反り返ることができるような余裕のあるものがベストです。運動量が増える1~2歳ならクッション性のあるソールのあるもの、脱げにくいデザインを選びます。3歳以上なら走り回っても脱げないようなシューズで、脱ぎ履きしやすいタイプの靴もお勧めです。かかとやつま先がしっかり保護されている、靴底がしっかりした履き心地のものを選んであげましょう。

一緒に読んでおきたい記事

ベビー

可愛い我が子の為に考えて選びたいベビーグッズ

ベビーグッズは通販サイトで揃えたほうが良い理由や、赤ちゃんが生まれる前に用意しておきたいグッズ、生まれてから揃えたいグッズ解説します。またあると便利なベビーグッズやグッズ選びに失敗しない4つのポイントをはじめ、良いグッズを安心価格で手に入れるポイントや実際に使ってよかったベビーグッズの口コミもご紹介します。ベビーグッズ選びの参考にできる記事です。

READ MORE
広告募集中